【公式】杉並区の特定不妊治療助成事業指定医療機関、明大前アートクリニック | 男性不妊も行っています。

ご予約、お問い合わせ時間
平日 9:00~20:00 (火曜・木曜 18:00迄)
土曜 9:00~17:00
Tel: 03-3325-1155
〒168-0063 東京都杉並区和泉2-7-1甘酒屋ビル2F

PFC-FD療法

PFC-FD療法について

PFC-FD療法とは?

血液からPRP(多血小板血漿)を作成。さらに無細胞化し、血小板由来の成長因子を抽出してPFC(Platelet-derived factor concentrate)を作成します。これをフリーズドライ加工してPFC-FDが出来ます。

PRPには、自己修復に必要な細胞増殖を促す成長因子(VEGF, EGF, TGF-β, PGDF等)が含まれています。整形外科、口腔外科や皮膚科をはじめ様々な領域で自己血から抽出したPRPあるいはPFCを患部に注入し、自己組織の修復を促す治療(PRP療法/ PFC-FD療法)が行われています。 PFC-FDのメリットとしては、一度の採血で複数回分の治療が可能となります。
フリーズドライなので、常温で長期保存可能(6か月)です。成長因子の濃度は同量の血液から作製するPRPの約2倍です。(PFC-FD療法は、PRP療法と違って再生医療ではありません。)

① 方法:約50ml 採血します。この血液をセルソース再生医療センター(特定細胞加工物製造許可施設:施設番号 FA3160006)に郵送し、加工されたPFC-FDが3週間後に届きます。胚移植前に1~2回、子宮腔内にPFCを注入します。

② 対象:子宮内膜が薄いことが妊娠しにくい大きな原因の方。

③ 料金: 22万円 (税込):1回の採血~PFC-FDの製造までを含みます。

④ 副作用:手術の既往のある方での手術部位での癒着・増殖、悪性腫瘍にて治療中の方での悪性腫瘍の増殖等が挙げられます。

診療時間

時間帯|曜日
午前9:30~12:30 ×
午後15:30~20:00 ×

診療時間 午前:  9:30~12:30
     午後:15:30~20:00

※火曜・木曜午後は18:00まで、
土曜日は午前9:00〜12:00、午後15:00〜17:00です。

男性不妊:木曜日(不定期:17:00〜18:00) 
     土曜日(不定期:15:00〜16:00) 
     
担当:大橋正和医師

遺伝外来:第2土曜日 (15:00~17:00)
     
が基本ですが、不定期です。
     
担当:丸山哲夫医師

カウンセリング:水曜日(不定期:10:00〜11:30) 
        

        
担当:生殖心理カウンセラー

ページ下部ロゴ

〒168-0063 東京都杉並区和泉2-7-1甘酒屋ビル2F
03-3325-1155(予約受付・ご相談窓口)
京王線・京王井の頭線 明大前駅より徒歩5分

マップ